今朝のココア・・・
10月30日

前回の記事から少し更新が滞ってしまい、またまた皆さんにご心配かけてしまいました<(_ _)>

心配してメールや電話をくれたお友達、どうもありがとう。


昨日あたりから、少しづつ数値も下がり食欲も出てきたようです。


検査項目     正常値     10/27      10/28       10/29       10/30 

ALT (GPT) (10-100)    2893       1996        1460       1325

AST (GOT)  (0-50)     558         79          35         22

ALP      (23-212)     3373      2522        2446       1930

T-Bill(黄疸)  (0-0.9)     7.4         2.2         1.5         1.2


3項目のうちのひとつが正常値になりました。

とは言っても、まだまだ肝臓数値は正常値の10倍!


ところで、このALT・AST・・・・って、いったいなに?って、思われる方がほとんだと思います。

●ALT・・・アラニントランスフェラーゼ
肝臓に最も多く含まれている酵素。
肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すので、急性肝炎で最も強く上昇し、
慢性肝炎や脂肪肝(肥満)等でも上昇する。


●AST・・・トランスアミラーゼ
 (心臓、肝臓に含まれる酵素)
心臓の筋肉、肝細胞が壊れると血液中に出てきます。
心筋梗塞、肝機能の指標として検査します。

●ALP・・・アルカリフォスファターゼ
全身の組織でも特に骨で作られていて、肝臓から胆汁に排出される。
ALPを検査することで骨の病気や肝機能の診断で有効的。


現在、25%づつ理想的な下がり方をしているので

このまま調子よく下がっていけば、今週明けくらいにひとまずお家に帰れるかも・・・って、

でも、1度目の退院の時のようなこともあるので

まだまだ両手を揚げては喜べません。

これで繰り返すようなら、やはり肝臓の疾患の可能性が高いので

バイオプシー(CT・MR・針生検・細胞検査)を行うことも考えておいて下さい。

と、言われました。

とにかく今は、数値が下がってお家に戻ってこれることだけを考えよう。


ココアが最初の入院をしてから、かれこれ2週間が経ちます。

その間に、たくさんのワンコやネコちゃん達が入れ替わりで入院して来ます。

糖尿病のコーギーちゃん、腎不全のポメラニアン、もちろん去勢・避妊手術の子もいますが

色々な病気があるんだな~~って、

今まで病気という病気をした事もなく、いたって健康体で

健康なのが当たり前のようにも考えていた。

でもココアのように、ある日突然病気に侵されることもあるんです。

ほんと、怖いですね。。。


一時はどうなるかと思い、悲観的なことばかり考えていましたが

少しづついい方向に進んでいるので、ちょっとホッとしました。

動物には人間の何倍もの『自然治癒力』が備わっているとの事

最大限サポートしてあげることで、驚くほどの生命力と回復力が生まれてくるそうです。

ココアも一生懸命、頑張ってます。

家族は、ココアが元気になって帰ってくるのを待っています。

その気持ちは、ココアにも通じていると思います。

もう少し、ガンバレ~~ココア!

心配して下さった皆さんに、少しづつ良い報告が出来るといいなと思ってます。

応援して下さい。


a0107198_14524758.gif

by REN-COCOA | 2009-10-30 14:58 | 病気・病院


<< 今日のココア・・・ 昨日のココア・・・ >>