再び・・・入院
10月23日

やはり昨日もココアの様子が心配で、お昼で早退をして家にすっ飛んで帰りました。

相変わらず食欲も元気もない。。。

PM13時、白い泡の液を吐いた。

その後PM16時ごろ、心配して掛け付けてくれたクリンママがいる時に

またまた白い泡を嘔吐。

夕方の診察を待って、病院へ・・・・

体温39.8度!また上がってます。

6.2Kgあった体重も5.5Kgに減少。(ダイエットの結果なら嬉しいんだけど・・・)

血液検査・レントゲン・エコーの検査を行った結果

ALT(肝機能検査) の数値が測定不能なくらい上昇!正常値(10-100)

AST(肝機能検査) 1767 U/L 正常値 (0-50)

ALP(肝機能検査) 3367 U/L 正常値 (23-212)

前回測定時の十倍にも上がってます。


考えられる主な疾患

ALT・・・・・肝腫瘍・肝壊死・肝炎・中毒・貧血・・・・・

AST・・・・・肝障害・筋炎・壊死・・・・・

ALP・・・胆汁うっ滞・薬物・副腎皮質機能亢進症・骨疾患・・・・

とにかく、肝臓に炎症が起きていることは間違いないようです。



肝臓の病気と一口に言ってもその原因はさまざまで、犬の伝染性肝炎の

ようにウイルスによるもの、先天的な異常によるもの、他の病気の為に二次

的に肝臓が悪くなったもの、腫瘍性疾患によるもの、薬物や毒物によるもの ・・・・・


今のところ、原因はつかめず・・・・

中毒の可能性も捨て切れないけど、発症して今日で10日!

その可能性は低いようです。

あとマダニ・・・・・フロントラインをしてから3ケ月ほど経っているので

この可能性も無きにしも非ず!?

今日、れんにフロントラインしておこう!


とにかく心配で心配で・・・・・・

黄疸も出ているので、気になります。

とりあえず点滴で数値を下げるため、またも入院しました。




先生の説明を聞きながら、涙・・・涙・・・・

病状の説明・検査結果・そしてこちらからの質問もすごく丁寧に説明して下さります。

先生を信じて、とにかくお任せするしかありません。

ココアを病院に残して、帰ってきました。。。


昨夜は、眠れない長い夜でした。


そして今朝、診察時間を待ってココアに会いに行ってきました。

エリカラをつけて、前回とは反対側の足に点滴をしていました。

顔を見るなり飛びついて、元気そうでひと安心!

今朝は熱も下がって、血液検査では昨日測定不能だったALTが測定可能なところまで下がり

それでも、まだまだ高い数値です。

このまま点滴で様子を見て、それでも良くならなければ・・・・

最終的な確定診断は、病理組織検査の様です。

お腹を切開して肝臓の1部を取って調べる検査!かなりリスクが高いそうです。。。

これだけは、何とか避けたいと思っています・・・・・

私なりに犬の情報サイトで色々調べてもみましたが

やはり先生のおっしゃったことと同じ様な内容でした。

『信じるものは救われる!』日頃私のよく口にしている言葉。。。

大丈夫!また元気なココアになって帰ってくるよね。



夕方、また面会に行って来ます。

ココアも頑張ってます。。。。良い報告が出来ることを願って。。。。



a0107198_144925.jpg

by REN-COCOA | 2009-10-23 14:09 | 病気・病院


<< 今日のココアの様子 今朝のココちん・・・・・ >>